プロフィール

tonbo1116

Author:tonbo1116
毎日まったり生きている文化系アウトドア派男子です。
真言宗で、お坊さんとして活動中です。
他にも東京YMCAでボランティアリーダーをしたりしています。twitterもやってます。http://twitter.com/tonbo1116
得ることを期待しないで見ていってくださいねー。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:仏教
ここ二年くらい、TBSラジオの「宇多丸のウィークエンドシャッフル」というボンクラな番組にものすごーくハマっておりまして、ラジオイベントに行ったり毎週エアチェックしたりしています。

そこで、しばらく前に『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る』映画評論のポッドキャストとその後の放課後DA話①放課後DA話②を聞いて奇説が思いついたので晒しておこうかなと思いました(どれも音声でます)。

『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る』はほとんど上映が終了していますが、ポッドキャストを聞き流せばどんな映画化はわかると思います。

まあ、どんな話かと言えばAKB48の2011年に密着したドキュメンタリーということです。
この映画、アイドルのキャッキャした裏側を取ったかのように見せかけたハードな戦場映画です。山場は西武ドームでのライブとAKB総選挙です。西武ドームでのライブでは身体的に追い詰められ倒れるメンバー続出の様子を映し、総選挙では精神的に追い詰められてボロボロになる少女たちの姿が映し出されています。しかし、その中でメンバー間の絆や誰かの力になれるアイドルの強さや喜びもしっかり取られてります。

で、思うのですがAKBというシステム=輪廻というシステムに似てるなーって思ったんです。
ここで、「こいつなにいってんだ?ww」くらいに思ってもらえるとありがたいです。

まず、自分が輪廻をどう捉えているかというかと言うと、、、ものすごく悩んでいます。
死後の世界は仏教的には「無記(語り得ない)」という立場でもあるし、仏教は伝統的に輪廻説と解脱を解きますし、輪廻はないとするラディカルな仏教理解もあり、自分自身どうしたものかと悩んでいます。

ただ、最近「この方向かな」と思っているのが、「輪廻とはストーリーであり、解脱とはそのストーリーからの離脱」なのかと思い始めています。ただ、突っ込まれると言葉に窮する程度の思いなのですが。

輪廻というストーリーを刷り込まれているから死が恐怖になる訳で、解脱とはその刷り込みから離れることなのかなと思っています。

で、ここから妄想がはじまるのですw
もし、自分がAKBのメンバーと話す機会があったとします。
私「輪廻とはストーリーでそのストーリーを信じる以上、喜怒哀楽の苦しみを受けるんですよ。だから、ストーリーからの離脱、解脱が救いになるんですよ」
メンバー「そうなんですかー。わかるけどピンとこないですねー」
私「じゃあ、あなたはAKB辞められますか?」
メンバー「えッ・・・。」
私「あなたはAKBというストーリーの中にいる以上、総選挙で精神的に傷ついたりライブで身体的に追い詰められたりするんですよ。それから離脱してしまえば苦しみはなくなりますよ」
メンバ「・・・。」
私「つまり、輪廻からの解脱のリアリティーってそうゆうもんです。」

みたいなことを妄想するんですよね。AKBの内部にいるってことはその内部で喜怒哀楽があり、順位を上げるために努力することは輪廻でよりよい世界に生まれ変わるために精進することで、順位を上げるための努力が必ずしも報われないのは精進をしたところでどの世界に生まれ変わるかは死ぬまで分からないということに例えられるのかなと思います。

まあ、AKBに限らず色々なところに同じ構造があるのかと思いますが。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:日々のできごと
ひっそりと更新が滞り、ひっそりと更新しようかなと思います。

「私達日本人は~」とか「○○っていう活動は」とか言うことは多いかと思いますが、本当にその意見は「私達」「日本人」「活動」の意見なんだろうかと思ってしまいます。

それは自分もしくはお前の個人的な意見じゃないかと。結構気をつけていないとすぐに自分を大きなものと一体にして話したくなるもんです。

だから、私は極力一人称を最小限にするようにしています。だから、「私はこう思う」と言い方にするようにしています。例えば「日本人は~」みたいなことを話したい時は「私の考える日本人は~」みたいに話すようにしています。

「私達」や「日本人」全員がそう思ってなくても「私」はそうおもっていることは間違いないですし、その意見は私の発した意見なので「私以外の私達や私以外の日本人」もしくは「私と同じだと思う私達や私と同じだと日本人」へその責任を放散することもできないからです。

「一人称を最小限にする」ってくせは自分の考えが個人の考えなのか、集団で合意がとれているのかを考えるくせにもなります。

例えば「私達」を使いたい時は『この人たちとは意見が一緒だ』とお互いに確認しあっていることには「私達」と使うようにしています。逆にそれ以外は「私達」ではなく「私」なのです。

まあ、そんだけ気にしているしゃべり辛そうですが、自分ルールでお手盛りなのでしゃべりづらくもならないです。

みなさんも、意識してますか?
DATE: CATEGORY:日々のできごと

もうすぐお盆ですね。といっても東京周辺は新盆(七月)なのであまり関係ないですが。

お盆と言えば、『棚経』です。

棚経は「たなぎょう」と呼んで、檀家さんの家や新しいホトケさん(亡くなられた方)のお家に行ってお経をあげる風習です。

うちのお寺は新しいホトケさんの家だけ回っていますが、お寺によっては全部の檀家さんの家を回るところもあります。

全部の檀家さんの家を住職ひとりで回りきるのはできないところが多いので、そうすると私のような若いお坊さんがお手伝いに行くことが多いです。

というわけで私も駆り出されて行ってきました。

ほとんど「突撃となりの晩御飯!」状態です。

『○○寺です、棚経に参りました~』とヨネスケのように声を掛け、「お仏壇はどちらですか」とヨネスケが台所へ突撃するように仏壇に突撃し、「それではお経を上げさして頂きます」とヨネスケが人の家の晩御飯を食べるようにお経を上げていきます。

そんなことを一日中繰り返し、あと数件で終わろうという、昼下がりのことでした。

ある一軒のお宅に突撃したときのことです。

ぱっと見は二階建ての築15年?くらいのきれいな一軒家でした。

いつも通り、ピンポンをならして「○○寺です。棚経に参りました。」と伝えると、九十歳に近いおばあちゃんがニコニコしながら出てきました。

「まあ、熱い中御苦労さまです。どうぞどうぞ、あがってください」と言って玄関を開けてくれました。

入ってみるとだいぶ散らかった玄関。だれか人が来ることを考えていたいような感じでしょうか。

「失礼します」といって草履を脱いで、仏間まで行きます。

仏間もお仏壇の前半畳くらいのスペース以外は衣類や荷物が雑然と置かれており、クーラーや扇風機もなく窓は空いているもののモワッとした空気が漂っていました。

内心『このお家大丈夫かな』と思いつつ、いつも通りお経をあげはじめました。私のうしろにはおばあちゃんが座イスにちょこんと座っています。

お経を唱え始めて数分、私のうしろでおばあちゃんが動く気配がしました。

「??」

と思いながらお経を唱え続けていると仏壇の横に手を伸ばしてきました。

「!!」

ネコがご飯を食べている時にちょっかいを出すとものすごく驚くように、お経をとなえている時近づかれたりするとものすごく驚くのです。

そうすると、仏壇の横から一枚のうちわを取りだしました。そしてうちわを持つと元の座イスに戻って行きました。

私は内心

『お経をあげている時くらい我慢できないのかな~。でもお年だしこの暑さだからしかたないかなとか考えていました。』

そんなことを考えていると、背中にやんわりとした風圧が。

これは、、、もしや、、、うちわであおいでくださっているのでは?

お経を唱え終わって後ろを振り返ってみると、おばあちゃんがゆっくりゆっくりとうちわを左右にあおいで、私に風を送っておられました。

マニアックな例えですが、『となりのトトロ』に出てくる電話を貸してくれる本家のばあちゃんみたいな感じですかな。

私はなんとなくジーンとしてしまいました。

本当に些細なことですが、自分だって暑いのにずっと他の人をあおいであげるささやかな気遣い。そして、それを当然として振る舞える品格。

そんな人に会えたことが本当にうれしかったです。

このような方にあるとつくづく、こんな年のとりかたをしたいと思うものです。
DATE: CATEGORY:仏教
この話の元ネタは修行時代の先生から頂いたものです。

でも、これがなかなか腑に落ち乗るので紹介します。

その名も『仏教ウィスキー論』です。不飲酒戒はどうした!とかはまあ置いといて。

仏教はウィスキーみたいなもので、釈尊は名バーテンだということです。

バーテン・釈尊はある日、本当においしい『仏教』という銘柄のウィスキーを発見しました。

このおいしさを伝えようとしましたが、周りのお客さんにはウィスキーを飲んだことがありません。

そこで、周りのお客さんが飲みやすいようバーテン・釈尊はお客さんに合わせて、炭酸で割ってハイボールにしたり、コーヒーにいれてアイリッシュ・コーヒーにしたりしました。

そうするとウィスキー『仏教』になれた人達が出てきたので、段々とお湯割り、水割り、と進めていって最後にストレートを出せるようになりました。

このウィスキーの割り方が宗派に当たるわけです。

まあ、そうなってくるとこんな人が表れるわけですね。

「ストレート以外のウィスキー『仏教』の飲み方はけしからん!それじゃ飲んだことにならん!」

うーん、正論と言えば正論ですね。そりゃストレートが一番風味が出てて、通ごのみでしょ。

でも、そんなこと言ってたらウィスキー『仏教』を飲む人が少なくなってウィスキー仏教が廃番になってしまうかもしれないし、そうゆう押しつけがましいおっさん嫌いです(酔うと自分もそうかもしれませんが・・・w)

「どんな飲み方だってウィスキー『仏教』を飲んでるには変わりないじゃん。まあ、ストレートの味も知っていた方がいいけどね。」私はこのくらいの立場が好きです。

ハードコアにはハードコアの魅力があるけど、ちょっと押しつけがましくてうっとうしい。「こまけぇことはいいんだよ、うまいんだから」ぐらいでみんなでバーテン・釈尊の周りでわいわいやる方が好きです。
DATE: CATEGORY:未分類

これからかく内容は内容自体は汚くありませんが、「くそ」という言葉が乱発されるので、食事中の人や汚い言葉が苦手な人は見ないでくださいね!警告はしましたよ!ww













ちょっと前、どっかで聞いたネタですが「クソ味の味噌とみそ味のクソだったらどっちを食べるか」というしょーもない話。

でも、考えるとなかなか難しいです。

正直、私はどっちを食べるか迷ってしまいます。

みそ味のクソは衛生的にかなり香ばしいことになっていますが、それを除けばみその風味ならなんとか食べれるんじゃないかと、むしろ、クソ味のみその方は衛生的には安全だけど風味がかなり香ばしいことになっているのですから、本能的に口に入れられないんじゃないかと思うわけです。

この逡巡は映画の『マトリックス』でも描かれていますよね。

人間はロボットによって脳みそをプラグに繋がれて、仮想現実を現実だと錯覚して生きている。仮想現実の世界はまったく現実世界と同じように五感も感情の起伏もある世界。違いは仮想かどうかだけ。
でも、「仮想現実はいやだ。現実でいきたい」と思った人は仮想現実から脱出する。そうするとそこには仮想現実の世界とは違い太陽はなくなり土壌は汚染された悲惨な現実があり、それを目の当たりにする。

そのとき、くそみそ論と一緒で「仮想現実でもいいから、幸せな世界に行きたい。騙されてたって自分の五感や感情が実際に感じるものがすべてだ!」と思うのか「騙されて仮想の幸せを享受するくらいなら、たとえ現実が悲惨でも現実を生きたい」と思うのか分かれてきます。

こうなってくると、くそみそ論は味わいを深くしていきます。

みなさんはどうおもいますか?

この話の続きは次回へ~

copyright © 2017 晴れた日は足袋でも洗おう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。