プロフィール

tonbo1116

Author:tonbo1116
毎日まったり生きている文化系アウトドア派男子です。
真言宗で、お坊さんとして活動中です。
他にも東京YMCAでボランティアリーダーをしたりしています。twitterもやってます。http://twitter.com/tonbo1116
得ることを期待しないで見ていってくださいねー。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:仏教
ここ二年くらい、TBSラジオの「宇多丸のウィークエンドシャッフル」というボンクラな番組にものすごーくハマっておりまして、ラジオイベントに行ったり毎週エアチェックしたりしています。

そこで、しばらく前に『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る』映画評論のポッドキャストとその後の放課後DA話①放課後DA話②を聞いて奇説が思いついたので晒しておこうかなと思いました(どれも音声でます)。

『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on少女たちは傷つきながら、夢を見る』はほとんど上映が終了していますが、ポッドキャストを聞き流せばどんな映画化はわかると思います。

まあ、どんな話かと言えばAKB48の2011年に密着したドキュメンタリーということです。
この映画、アイドルのキャッキャした裏側を取ったかのように見せかけたハードな戦場映画です。山場は西武ドームでのライブとAKB総選挙です。西武ドームでのライブでは身体的に追い詰められ倒れるメンバー続出の様子を映し、総選挙では精神的に追い詰められてボロボロになる少女たちの姿が映し出されています。しかし、その中でメンバー間の絆や誰かの力になれるアイドルの強さや喜びもしっかり取られてります。

で、思うのですがAKBというシステム=輪廻というシステムに似てるなーって思ったんです。
ここで、「こいつなにいってんだ?ww」くらいに思ってもらえるとありがたいです。

まず、自分が輪廻をどう捉えているかというかと言うと、、、ものすごく悩んでいます。
死後の世界は仏教的には「無記(語り得ない)」という立場でもあるし、仏教は伝統的に輪廻説と解脱を解きますし、輪廻はないとするラディカルな仏教理解もあり、自分自身どうしたものかと悩んでいます。

ただ、最近「この方向かな」と思っているのが、「輪廻とはストーリーであり、解脱とはそのストーリーからの離脱」なのかと思い始めています。ただ、突っ込まれると言葉に窮する程度の思いなのですが。

輪廻というストーリーを刷り込まれているから死が恐怖になる訳で、解脱とはその刷り込みから離れることなのかなと思っています。

で、ここから妄想がはじまるのですw
もし、自分がAKBのメンバーと話す機会があったとします。
私「輪廻とはストーリーでそのストーリーを信じる以上、喜怒哀楽の苦しみを受けるんですよ。だから、ストーリーからの離脱、解脱が救いになるんですよ」
メンバー「そうなんですかー。わかるけどピンとこないですねー」
私「じゃあ、あなたはAKB辞められますか?」
メンバー「えッ・・・。」
私「あなたはAKBというストーリーの中にいる以上、総選挙で精神的に傷ついたりライブで身体的に追い詰められたりするんですよ。それから離脱してしまえば苦しみはなくなりますよ」
メンバ「・・・。」
私「つまり、輪廻からの解脱のリアリティーってそうゆうもんです。」

みたいなことを妄想するんですよね。AKBの内部にいるってことはその内部で喜怒哀楽があり、順位を上げるために努力することは輪廻でよりよい世界に生まれ変わるために精進することで、順位を上げるための努力が必ずしも報われないのは精進をしたところでどの世界に生まれ変わるかは死ぬまで分からないということに例えられるのかなと思います。

まあ、AKBに限らず色々なところに同じ構造があるのかと思いますが。
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 晴れた日は足袋でも洗おう all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。